エルフの日々

誰にも「約束」された場所があり・・そして誰もがそこを目指して一生懸命歩いてる
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

今のこと・これからのこと

 今のこと・これからのこと


 テレビやラジオで、あの日から半年たった被災地を伝える。
6ヵ月という時間が長いのか短いのか。身体的には長く、心情的には短く。
生活を再建するには短く、事の推移を見守るには長い。
終わり無き耐久レースは、人々を疲弊させる。
定かならざる「希望」は、更に心情を不安にしている。
いろいろあり過ぎた夏が終わり、荒涼とした風景に吹く風は変わっても、皆が背負う荷の負荷は変わらない。


 
「確かな明日作戦」は第3ステージに入っている。
余震を含め非常事態に最低限備える試みは、実行されている。
これは、いつか使うかもしれない防災ではない。
生活を保障する何ものかがない限り、この地で確かな明日は存在し得ない。
ハイリスクな状態の利用者やご家族の安心は、同時に私たちの安心でもある。
手動式吸引器は、県の指導を受けながら看護師がご家族とトレーニングを積んでいる。
未だに行渡らず不安に思っている方々は、どうか私たちに相談して欲しい。
在宅酸素を要する方々は、非常用バッテリーや予備ボンベのストックが為されたが、
それでも数時間の時間的余裕である。
ある公的会議で医療関係者が、業者任せの発言をした事に、憤りを超えてただ呆れた。
オムツ、非常用食材、水の確保は、2週間分はストックしたが、今後必要に応じた対応が、もっと広域で実施される必要がある。
在宅支援の活動は、更に車両をはじめ移動手段の確保が重要でる。
弊社車両は、夕方には全ての車両が満タンになって戻って来る。
ガソリンや燃料の確保は、日ごろから関係機関と綿密に連携を取らなければならない。
計画の実施に伴って、利用者さんやご家族と様々な不安を共有し、その共感から対策を実施する事こそ大事なのだと深く学んだ。



 地域内の状況調査は、第2回目が実行され、現在データ分析が進んでいる。
最も注目すべき事は、住所変更が為された利用者さんが全体の15%に達している事。
しかも、一度ならず複数回の住居変更を為された方々が少なからず存在する。
仙台市内は津波被害が東部に限定しているにも関わらず、相当な人口動態が起こっている。
これがもし沿岸部の市町村であったり、原発の影響を受けている地域であれば、更に大きな人口動態が起こっているだろう。
環境の変化に対応する事が如何に困難であるか、私たちはよく知っている。
少しの生活環境の変化で失われるものは、あまりに大きい。
入退院を繰り返す背景にあるものに、私たちはもっと敏感にならなければならない。
仮設住宅は、地域によりその色彩がまるで異なっている。
それまでの地域のコミュニティの力がそのまま反映している。
沿岸部や原発影響地域では、強制的にそのコミュニティが引き裂かれている。
状況に応じた支援体制と、十分な耐久力を持つシステムが待たれるが、恐らくそれは与えられるものではなく、自ら構築していく意外に路はないだろう。
長期的視点で仮設住宅や利用者さんの生活環境の研究が必要である。



 世情は混沌の中にある。
経済的不安は何処にでも存在し、大きな渦の中で皆が翻弄されている。
義援金や生命保険は失ったものの大きさに相関はしない。
今が精一杯で、次が見えない。
住む場所も仕事も地域の絆も失った多くの人たちの存在。
津波エリアだけでなく、密かに仙台の街中にまで不安は達している。
雇用を生む何かを興す事。単独ではなく協力しあう事。
得られる利益は、それが何であれ皆で分かち合い地域に還元する事。
それ以外に、この地で生き抜く術はない。
今月、福祉機器関連の経営者が会し、今後の協力関係を話しあう機会を得た。
三陸道と東部道路を使えば、北部沿岸部や南部被災地に新しい物流を起こせるだろう。
様々な業種の人々と繋がる事で、自らの専門分野に留まらない地域貢献が可能になる。



 放射能は既に身近になってしまった。
事は福島の人々だけの問題ではない。
子供たちが遊ぶ市民公園にホットスポットが存在することは、意外に知られていない。
既に仙台市内であっても、年間の被爆量が嘗ての基準を超え始めている。 
何より深刻なのは、市民が行政を信じていないことにある。
情報があまりにご都合主義に操作され、確かなことが分からない。
この地域に留まらない。この国の根幹に関わる大きな津波が今そこの在る。
右手に「復興」を左手で「防御」を。この姿勢にある事こそ人々の疲弊の根源である。



 蝉の声はいつしかすず虫の声に変わり、沢の鱒は婚姻色を帯びて錆びる。
今年鮭は川を昇るのだろうか。頭を垂れる稲穂は汚染されていないだろうか。
もう半年立つのだ。でも変わらぬ風景は、まだ半年なのである。

2011.09.19 Monday 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | 

彼の一歩

 彼の一歩


   震災から1月ほどして連絡が取れた彼は、奥さんと簡易宿泊所で生活していた。
それまで、彼はその町で比較的大きな店を出していた。
店は、それまで積み上げられた経験と、培った人脈で全国に知られる有名店である。
脱サラして20年。
恐らく独立して今の環境にまで店を育てるには、多くのドラマがあったはずである。


 簡易宿泊所の2人は、家族も家もそして全てをかけて育てた店も、津波に奪われていた。
物資のない時期だったので、埃をかぶったウイスキーボトルが差し入れ代わりだった。
一緒に飲みたかった。ただ黙って、飲みたかった。


 店は、見る影もない。泥土に埋まり、商品は流され、奪われ、廃墟であった。
残される負債を想う時、奪われたものを想う時、これからを想う力はそこにはなかった。
あの日、ついに彼の口から再建の話は聞けなかった。
途方に暮れ、悲しみ、悔やみ、怒り、そしてまた途方に暮れた。


 この夏、彼は瓦礫の中に店を再建した。
簡易宿泊所を出て、泥土を掃きだし、洗い、ガラスを入れ替えた店で生活してる。
話す彼の顔に笑顔が戻っていた。
「あのさ、仕事ないかな。」「この町で何か事業起こせないかな。」「働く場所必要なんだ。」
彼は、自分の店の心配をしていない。
彼は彼の町を、町の人々を心配している。
彼の一歩は、人生をかけてきたその店のある町の一歩と捉えている。
町の人々のために何ができるのかが、彼の一歩であった。


  あの日から間もなく半年たとうとしている。
混沌とした時代。不安とやりきれなさと疲労が、澱のように沈殿する。
不条理が重なると、義憤なのかただの怒りなのか分からなくなる。
自分の非力さと、小ささに呆れる日々。
ラジオから流れる昔の流行唄にふと涙が出たりする。
「確かな明日作戦」なんて、所詮自分のための安定剤だったかと、独り毒づく。


 そんな日常の中で出会った彼の一歩に、涙した。感動した。切ないほど感動した。
人が人を想う気持ち。誰かのために想いを馳せる。誰かのために力を尽くす。
未だ瓦礫と泥土に埋まり、進まない復興とまるで人事のように傍観する人々を嘆かず、彼らは自分たちの町のために一歩を踏み出した。
その姿に、癒され、励まされた。


 新しい季節が始まる。
新サテライトに伴い、フォーレストは大きく人事を動かした。
「確かな明日作戦」は、第二段階に入る。
皆、疲労が見える。十分がんばってきたこれまでの時間の代償である。
払われたその代償を想う。
私たちは、二歩目を踏み出す。

2011.08.25 Thursday 02:39 | comments(0) | trackbacks(0) | 

夏・空・海

 夏・空・海

 
  梅雨が明ける少し前に、仙台湾には南から黒潮にのって鰯が北上してくる。
その鰯を追って鯖や鰹やもっと大型の回遊魚が湾奥にまで回遊し始める。
照りつける強い日差しと、青と形容するにはふざけ過ぎる程の青い空の下、
海面に起こる鰯のナブラを追って魚も鳥もそして人も、夏を享受する。


 仙台湾で鯨やイルカが回遊している姿を観る事はそれ程難しくはない。
巨大なマンボウの昼寝に出くわす事もある。
紺碧の海面直下に大きなシイラや鰤が踊る。
夜、船中にこうこうと明かりを燈せば、大きな烏賊が群れて、
その下に船より大きな鮫を見つける。


 七ヶ浜の菖蒲田海岸、東松島の野蒜海岸の海水浴の賑わい。
松島の灯篭流しや石巻の川開きの花火は誰の記憶にもある。
夕日に照らされる南三陸の養殖筏。
口開けに当たれば、民宿で食べきれない程の雲丹が出る。
荒浜海岸の松林。遠く福島まで望遠できる仙南の砂浜。


  仙台の名物を問われ、牛タンと応える者は居ない。
仙台が宮城が誇る名物は海なのだ。
三陸の魚介。工夫を凝らした海産物加工。季節の魚で溢れる市場。
それがこの地の名物であり、私たちの生活の一部なのだ。
今年、宮城に海はない。
津波の記憶とその残骸は、私たちを海から遠ざけている。
鰯も鰹も烏賊も鮫も、イルカも鯨もマンボウも仙台湾に来ているだろうけれど、
私たちは海に行けない。
沿岸部には無人の野が広がり、瓦礫は片付けられたが未だ長い沈黙が漂う。
想像を超えた世界。皆その対処に苦しんでいる。


 黒潮は、鰯と一緒に別のものも運んで来ているだろう。
既に福島の海は壊滅している。
これまで南下していた放射能物質は、恐らく黒潮の北上に伴って仙台湾に侵入している。
私たちは、震災前の世界には戻れないのかもしれない。
私たちの海は、私たちの夏は、いったい何処に行ってしまったのだろう。

紺碧の海を、もう一度見たい。
塩釜や石巻の浜の空気を変えたい。
恐らく長い年月をかけて、私たちは私たちの海を取り戻すのだろう。
世界は、まだ終わっていない。

2011.07.28 Thursday 02:54 | comments(0) | trackbacks(0) | 

続13歩のレース「明日のための一歩」

JUGEMテーマ:介護

 続13歩のレース「明日のための一歩」

 
  この半年、彼がどんなトレーニングをしていたのかは知らない。
太平洋岸東北地方の高校生皆が背負ったハンディを、彼もまた受け入れていた。
震災から1ヵ月後
彼のホームグラウンドであるグランディ宮城スタジアムの傍を通った。
遺体安置所のスーパーアリーナの前で、彼は何を想ったのか。
当時何ヵ月かかろうと、この地で若い人たちが競技できる日が来ることを切に願った。
できるなら、被災し、犠牲になった方々やそのご家族と共に、深い傷を負ったこの地を、若い生を昇華するかの如くの躍動で鎮魂してほしかった。
残念ながら震災から3ヵ月を過ぎたけれど、彼のホームグランドは開場していない。

 
 400mの距離を障害を乗り越えて走る彼の競技は、野球やサッカーの様な華やかさも、バスケットやバレーボールの様な黄色い歓声もない。
6年間競技し、半年前に掴みかけた何ものかをもう一度確かめるために、彼はスタートラインに立った。
スタートラインの位置は、残念ながらグランディではなかったが、あの大震災から僅か3ヵ月で、若い人たちが競技できる環境になったことに感謝したい。
津波被災地域や大きな犠牲を出した地域から出場する選手たちの姿。
恐らく何の調整も、十分な練習もできなかったであろう被災した子供たち。
互いに境遇を理解したその視線の先にあったものは何だったのだろうか。
それは、観る者を応援する者をそして地域の人々に感極まるだけの感謝と感動を与えた。


 彼の13歩のレースは、その場で結実した。
何をするべきなのかを理解し、そのために情熱と努力を重ねた彼を誇りたい。
しかし、何よりも感謝したのは、レース後に自ら他の選手たちに握手を求める彼の姿であった。
レースの結果よりも、互いの健闘を称えた若い人たちに、私たちは確かなこの地の未来を見せてもらった。


 歓声も心ない噂も、目の前にある大きな障害も、深く傷ついたこの地を覆う暗雲も、
確かな明日を創る若い躍動があってこそ救われる。
私たちは、それを目前で観ていた。


 今日、私たちにとって確かな明日につながるニュースがもたらされた。
平成23年6月29日。私たちは新しいサテライトの建設を始める。
新しいサテライトは、フォーレストが目指して来た「専門職の地域独立」の第1号である。
仙台圏で多くの犠牲を生んだその地に、私たちは未来の第1号を創る。
自らのためにではなく、地域に貢献するための仕事。
この地の未来を背負う世代に、確かな環境を残す仕事。
そのために、今何をしなければならないのかを理解し、着実にその約束された場所を目指して努力したい。


平成23年。大震災の記憶と共に、私たちは確かな明日のための一歩を始める。
互いの健闘を称えることは、若い人たちだけに任せるわけにはいかない。

2011.06.23 Thursday 12:29 | comments(0) | trackbacks(0) | 

フォーレスト通信14 〜明日のためにその3〜

JUGEMテーマ:介護

 
「明日のためにその3」

   私たちが独自に調査した災害時生活ニーズ調査の分析結果が少し見えて来ました。

起こった事ではなく今現在起こっている事の片鱗が垣間見えました。

私たちは知らなければならないし、そして垣間見えるその事態からこれからを想像しなければならない。

悲しいけれど、もう二度と私たちは震災以前の世界に戻る事はないのでしょう。

私たちの地域は、嘗ての阪神大震災の時の様な地域一丸となるエネルギーはありません。

地域に格差が生まれ、人々は移動し、コミュニティは崩壊し、明日の不安に耐えなければならない。


想像してください。


無人に近い環境となった沿岸部。復旧など何処にもないし、その見通しもない。
人口動態が急速で、誰もその危機を訴えない。
高齢化ではない、老人だけの世界。


津波エリア付近に未だ相当数の人々が存在している事実。
人々を守る防波堤も侵食された土地もそのままの状態で、海岸線の見えるその地で家族を守らなければならない人々の存在。


停電になると同時に途切れる酸素。痰の吸引もできず、窒息に怯える人々の存在。


介護を担う家族に起こっている社会的な圧力。若しくはその存在。
誰が、その人たちと共に、その不安を共感するのか。


毎朝通学する子供たちの口元。食べ物の産地を気にするお母さんたち。
パニックを必死に堪えて故郷を想う人々の存在。


沿岸部から遠く離れた被災地。住む家はなく、途方に暮れる人々の存在。 
沿岸部だけが被災地ではない。今、その隣にある被災地。


偏る震災特需。資金繰りに苦しむ事業者。
手厚い保障の変わりに捨ててしまったプライド。働く意欲。


 世界が変わろうとしていることを想像しなければならないのです。
今私たちができることは、私たちが住むこの地の状態を知ること、そして次に起こるかもしれない危機的状態とその不安の軽減です。
人が生活するとはどんなことなのか。
調査結果をその一部を抉ったにすぎません。


「確かな明日作戦」は、利用者・家族向け対策が最小限で為されました。
最低限今の不安を減じる効果しかないかもしれませんが、弊社スタッフは日々そのために地域を走っています。
災害時生活ニーズ調査がもっと広範囲に実施されれば、更に規模の大きな対策が生まれるかもしれません。
協力頂ける方々をフォーレストはお待ちしています。
未だ見通せない明日が、少しでも不安の少ないものになるように、互いに協力しませんか?
それが、「確かな明日作戦」のテーマでもあります。

調査データ及び「確かな明日作戦」フォーレスト通信番外は、近日HP上で公開されます

2011.06.17 Friday 02:04 | comments(0) | trackbacks(0) | 

フォーレスト通信13「明日のためにその2」

JUGEMテーマ:介護

明日のためにその2

 
  前回お話した利用者生活ニーズ調査は、弊社の全ての事業部で実施しました。
 
調査の結果は、今月中に分析結果が出来上がりますので、公開致します。

 
  今日の河北新報朝刊の一面に、気になる調査結果が載っていました。

その記事は、被災地特に津波到達エリアに入る人々が、何の情報源も持たずにエリアに入
る事に注意を呼びかける内容でした。

そう。

実は未だに私達は、余震とそれに伴う津波の再来襲の危険を背中に背負っています。

加えて隣県福島の原発と放射能汚染に関する不安は、私達の地域でも如実にその影響を出しています。

既に福島のみならず、私達の地域は、エリア単位で人口動態が起こっています。

避難ではなく、生活環境そのものを別の地域に移そうとする動きが確実になっています。

進まない沿岸部の復旧。

行政は新しいビジョン提示をしていますが、何年もかかるそのビジョンに人々の生活はついて行けないのです。
 
 
  先日出席したある会議に於いて、気仙沼で医療班を指揮するドクターから、同市では65才以下の人口が急速に減少している事実、同市大島では65才以上と65才以下の人口が等しくなる状態が目前である事が報告されました。

所謂「2050年問題」。日本の年代別人口比率が極端になる問題が、今回の災害で一瞬にして起こってしまったわけです。

こういったエリアで今現在起こり始めている事象に、行政のみならず私達も気がついていないのです。

常に危機と背中合わせの状態で、その中で生活しなければならない人々。

壮大で素敵な未来の提示を受けても、今目の前の危機とその不安を軽減しない限り、私達は、本来の「復興」に向けて前進する事が難しいのでしょう。


 
  「確かな明日作戦」その2は、正に今そこにある不安を、自分達で出来る限り減らす努力をする事にあります。

利用者さんやそのご家族に対する災害防衛は、「利用者生活ニーズ」から抽出されたものを前倒しで出来る事から開始しています。

停電は、恐らく全てのエリアに共通の不安でしょう。療養生活に必要な医療器材はかなり電力を必要とします。

酸素。吸引。介護ベット。その全てにリカバリーできる対応を急がなければなりません。

排泄関連の問題は、個々の障害に合わせた対応が取れるように体制を整えました。

食料や飲料水に関する事。嚥下障害の方に対応する措置。
不十分ですが出来る限り努力しています。

働いているスタッフ達の安全も確保しなければなりません。

初期の起動から考えるのではなく、災害が起こったその瞬間から動ける体制が必要です。

津波到達アリアを巡回中の場合は、サービス提供中であっても利用者さんやご家族と共に
避難するよう指示しています。

又避難の経路や場所に関してもエリア単位でマニュアル化されています。

危機に際し、私達が落ち着いて行動できるように、たとえそれが無理でも、一人でも命を失わないように社内マニュアルは一新されています。

 
 
  災害防衛物資もマニュアルも細かい災害対策も、最低限ですが、傍にあります。

それでもこれから起こるであろう2次・3次災害に私達は対応しなければなりません。

明日を「確か」にするためには、今の不安だけに対応するのではなく、これから起こるであろう事象に如何に立ち向かえるかにあります。

壮大で素敵な未来は、未だ私達の生活の中にはありません。

「心一つに」はかけ声だけで、人々の実生活の中にその機運は起こっていません。

夫々が違った生活環境や障害の下に、地域が引き裂かれたままだからです。

私達は本当の意味で「心一つ」にならなければならない。

夫々が手を繋ぐために、何かが必要です。今は見えなくとも、私達はその手法を見出さなければならないのです。

もう、これ以上の犠牲はいらないと思います。
一緒に、これからを考えてみませんか?

2011.06.08 Wednesday 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | 

フォーレスト通信12「明日のためにその1」

JUGEMテーマ:介護


明日のためにその1

 「確かな明日作戦」の第一は、現状の利用者さんの状態を把握することにある。
私たちは、以前から防災対策マニュアルを作成していた。
しかし、それは3.11東日本大震災に対して悲しい程無力であった。
現在、今回震源地を起因とする余震の危険が叫ばれている。
沿岸部の地盤の低下、防波堤の破壊は十分にリスクである。
また、東京電力福島第一原発の影響は、隣県のみならず、私たちの地域にも暗い影を落としている。福島県から越境して非難して来ている人々の存在と、県南部エリアに居住している人々にとって、十分に脅威である。


 辛うじて、3.11の経験は、現在考えなければならない最低限の要素を想起させる。
安否確認の優先順位は、そのまま生命に直結する。
しかし、医学的観点だけから優先順位を考慮することはリスクである。
危機の回避は、まずその環境下で何が起こるのかを認識することから始まる。
3.11震災直後に起こった停電、渋滞、携帯等の情報連絡手段の断絶、交通手段の限定
などを考慮して利用者及びその環境を6段階にレベル分類し、生命維持と安全の確保を前提とした対策をたてた。(災害時安否確認レベル
更に、その後の生活環境を把握できないと2次・3次被害を生む結果になる。
実は私たちの地域は、まだこの状態を脱してはいない。
刻々と変化する生活環境の変化は、それだけで療養生活を危機に追い込んでいる。
現状の生活を理解せずに、継続した支援と次に起こる危機に対処できない。
災害時生活ニーズ評価表は、利用者レベルの把握に留まらず、地域の実情を考察する上でも
効果を期待している。
フォーレストでは、独自データベースに組み込むことで、既に調査を開始している。
調査表はごく簡単な判断基準で構成されているので、担当者であれば実際に現地に行かなくとも記入可能である。
また、ナビケア等既存のデータベースから利用者情報をエクセルに書き換え、評価表を組み込むだけで、簡易の災害時利用者データベースを構築可能である。
データベースを利用して、個々の利用者及びご家族に対する支援を考察可能であるし、一方でその地域の傾向が想定できるのではないかと考えている。



災害時安否確認レベル ・ 災害時生活ニーズ評価表

http://www.team-forest.net/adv/saigai/saigai_taiou.pdf


 今回最もハイリスクの対象はやはり停電により被害を受ける人々である。
在宅酸素・吸引の必要は、呼吸管理に直結しているため、入念な備えが必要である。
4.7余震時に山形県で停電による酸素の停止で、在宅療養中の方が亡くなったニュースは、
記憶に新しい。
3.11の本震時は、果たしてどのくらいの被害があったのか想像もできない。
 意外に見落とされたのは、電動ベットのリクライニング機能である。背上げした状態で数日過ごさなければならなかった人々の存在があったことは銘記されるべきである。
補助電源として、バッテリーや電池等考えられるが、安易に発電機等は使えない。
機材に精密機器が入っている場合は、インバーター式等電圧安定が確保されていないと故障の原因になる。
 吸引器具は、手動のものを用意すべきである。
フォーレストでは、2機種試したが、現在一般的に使用されている足踏み式は、体重の軽い介護者では困難。また足踏み式は破損のリスクが高いとの報告があった。
現在弊社推奨は、手動タイプで価格もかなり安価である。
 エアマットが機能しないと比較的早期に床づれの危険が迫ることになる。
布団等で除圧を試みたが、やはり完全ではなかった。早期に代用のマットレスに入れ替える作業が必要になる。
 食事や水分補給も困難となる。
今回胃ろうの利用者は念頭に置かれたが、所謂嚥下が困難になっている方々の水分補給
がまるで無対策であった。
避難所や在宅で無理に水分補給を行った人々が抱えた2次被害のリスクは、十分考慮されるべきである。ジェルタイプの飲料水の確保が望まれる。
 排泄は、とにかくオムツやパットの確保が困難になる。
療養先で提供されるオムツやパットが合わないために、その後様々な障害を呈した。
商品購入が不可能になるためある程度の備蓄が必要になる。
オムツやパットは、個々人で使用するタイプが違うことも、地域では理解されていない。
フォーレストでは、緊急でも2週間分程度の備蓄実施を決定している。
避難所等では、障害に合わせたトイレは期待できない。
簡易のトイレやポータブルトイレ等を組み合わせた環境の設定が、重要になる。


 何れにしても、現在の地域別のリスクを考慮しながら、環境と家族機能を考慮した
支援が必要である。
呼吸管理や嚥下の対策ばかりではなく、避難に際しての移動手段の確保や、その後の生命維持に関して、避難場所でのリスクを最低限理解した上での対策が必要になる。
既に、県内では小規模とは言えない人口移動があり、今までの概念では計れない状況が
生まれつつある。被災直後から刻々と変化する状況全てに対応することは困難であるが、最低限の備えさえ無い状態で、現状を考慮することは控えたい。


 将来を見通す復興計画も重要ではあるが、その先に、今皆が抱える不安の要素を取り除いてからでも遅くはない。
私たちはまだ危機を脱したわけではなく、その渦中に居るのだから。
尚、災害時生活ニーズ評価表は、何方にでも無料で配布しています。
ご要望あればご相談下さい。


「確かな明日作戦」は継続してお話していきます。

2011.05.21 Saturday 02:01 | comments(0) | trackbacks(0) | 

フォーレスト通信11「確かな明日作戦」始動

JUGEMテーマ:介護

 「確かな明日作戦」始動


 台は眩しいくらいの萌黄色に包まれている。
震災から2ヵ月が過ぎようとしている。
スーパーには商品が並びだしているし、あんなに苦労したガソリンや灯油も心配ない。
途切れていた地下鉄も開通し、都市ガスの復旧と並行して飲食店も普通に営業している。
普通のことがどんなに素敵なことか。
先日、沿岸部の友人と食事した時のこと。
「たぶんどんな言葉でも、この環境で生活している人たちには理解してもらえない。」
彼の言葉は、同じ地域で暮らす者ではないような言い方だった。
それは、妬みでもなく、憎悪でもない。若しくは妬みであり、憎悪である。
 私たちの地域は、分裂し始めている。
同じ仙台市であっても、東部道から東側と西側で。東北道から東側と西側で。
西側の人々が安全で快適に見えるのは、果たして錯覚であるのに。
矛盾は見えない。隠され、細分化され、個別化される過程の中で、全てが埋没している。
スーパーの商品も、テレビのバラエティ番組も、そして眩しい新緑の風景も、私たちを安心させ、安らかにはしてくれない。
この2ヵ月に沈殿した疲労。終わることのない持久戦。
些細な言葉に反応し、刺々しい自分に苛立つ。
トラブル続き。まだ駄目なのかと上を見上げる目は涙目。
今そこにある危機に怯え、見通せない明日を憂いる。


希望を強制されると辛いけれど、それが閉ざされては生きていけない。
希望は、自分たちで見つけなければならないことに気づかされる。
私たちはまだ生きている。


「確かな明日作戦」は、そんな確かならざる明日をどう描くのかが命題である。
まず、不安と向き合わなければならない。
不安の原因は、余震であり、津波の再来襲であり、放射能である。
もう一度同じ過ちは繰り返したくない。
不利な環境と条件下ではあるけれど、今を知らなくては備えられない。
備えることで不安を減らしたい。これ以上の犠牲はいらない。


新防災マニュアルは、今週完成するだろう。
マニュアルに沿って、今の利用者を知ろう。
FNSを駆使して、今の地域を知ろう。
そして、できる限りの備えをしよう。


自分も備えよう。マニュアルを反芻し、判断を間違わないようにしよう。
自分を守れなければ、利用者さんやご家族を守れない。
自分を守るということは、自分の家族も守るということになる。
その時を想定し、できるだけの備えを講じよう。


 自分たちだけでは生きていけない。
同じ地域で暮らす人たちに何ができるのかを考えよう。
それは利用者さんだったり、ご家族だったり、近所のおばちゃんやおじさんかもしれない。
分裂してしまった地域は、必要なことが地域ごとに違っている。
今そこで何が必要なのかを知って、そこに必要な支援をしよう。
不安を抑え、誰かに必要とされる明日を創ろう。


同じ世界でがんばる人たちと話をしよう。
自分の不安を消すためには、相手の不安を減らすしかない。
この状況下で、地域が繋がる以外に手段はない。
同じ方向を向く人々と、未来を共有しなければ、明日は見えてこない。
8月には止まっていた新サテライト計画を、始動させる。
廃墟に新しい建物を建設し、私たちの仲間から新しい法人を生み出す。


 膝をついたのは何度目か。
今日から、「確かな明日作戦」を始動させる。
まず、目に見えるところからはじめようか。

2011.05.13 Friday 05:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 

フォーレスト通信10不明を恥じる

JUGEMテーマ:介護

 己の不明を恥じる

 
 震災から46日目。
雷響き、冷たい空気と激しい雨。桜の華心配する余裕もなし。
仙台東サテライトは、明日再オープンを迎える。
ここまで2度積み木を崩された。
積み上げたものを理不尽にしかも何ら躊躇なく崩されると膝をついてしまう。
理不尽に対する怒りがある内はいい。山積する問題に挑める内はいい。
それが延々と続き、理不尽に諦める事を覚えると、そこに危機が待っている。
不確定な不安。命の儚さを目前に見てきたここまでの日々は、単純な疲労ではない。
浅はかで半端な思慮。義憤を頼りに猛進する愚かしさ。振り絞る忍耐頼みの日々。


知っていたはずなのに。分かっていたはずなのに。


 無精ひげと目の下の黒いかげ。
たまには風呂に入れよなと言いかけて、緊張を解くことへの恐れを知る。
楽をすることを恐れ、危機を忘れることを戒めている。
いいのだ。今夜は休んでくれ。


 圧し掛かる責任と義務。大儀を知って、皆を背負う司令塔。
自分の分を超えぬよう、折れてしまわぬよう、忍耐を重ねている。
酒は控えろよな。眠りが浅くなる。


  病的に机に向かっている。義務を果たすことに、自らの使命に従順なる人。
顔色が悪い。座位姿勢に疲労が見える。転んだ傷は癒えたのだろうか。


 元気がない。弾ける笑顔がない。耐久レースに疲れたみたい。
フィールドにある現実は、いつも元気を奪うものばかり。
君のせいではない。出来ることすればいいのだ。


 夕方小走りに家路につく。待ってる人たちがそこに居る。
一日何役もこなさなければならない。そこに居なければならない人。
帰ろう。みんなお腹空いてるよ。


 肉親の葬儀は済んだのだろうか。弔いをしながら果たす責任と義務。
何もしてやれない。当たり前の言葉の陳腐さ。
悲しみは忘れなくていい。弔いはしばらく続くのだから。


 もう「大丈夫です」の言葉はいらない。
もう無理はさせない。もう独りで頑張らなくていい。
君の今日の負傷は、堪えたよ。


 チームは今限界を超えている。
知っているはずだった。でも、ここまでの過酷な日々に応える術が今はない。
一人一人の顔を思い出すだけで涙が出そうになる。
感謝でもなく、尊敬でもなく、愛情でもなく、義務でもなく。
ただただその労に報いるなにかを想う。
不確かな明日。終わりなき耐久レース。日々繰り返される不条理と不合理。
己の力なさをただ嘆く。己が不明を恥じる。


 かたあしダチョウのエルフは、為す術なくただ立ち尽くす。
一番膝をつきかけているのは、自分なのかもしれない。

2011.04.26 Tuesday 04:33 | comments(0) | trackbacks(0) | 

フォーレスト通信9「確かな明日作戦」

JUGEMテーマ:介護

 「確かな明日作戦」始動

 震災から42日目
余震が収まらず、相変わらず警報の度に様々想いを巡らす。
原発問題は、単に場所の名称が福島なのであり、福島の皆さん同様我々にも人事ではない。震災前「明日」は予定されていて、当然のようにそこにあった。
けれど、それが如何に錯覚であったか、約束された「明日」など何処にもない事を今回思い知った。
桜が咲き春は来たかに見えるけど、いつものように冬を乗り越えた安堵はない。
現在私たちの地域はより複雑で、困難な状態に陥っている。
最も危惧すべき事は、すぐそこにある危機であり、そして目に見えない不安である。
それは、余震であり、津波の再来襲であり、原発であり、生活不安であり、これまで問題だったけれど棚上げされていた現象の顕在化であり、立ち上がろうとする意思の欠落であり、疲労した身体であり、ともすれば折れかかる精神であり、希望定かならざる未来である。


長期間、複雑で困難な環境下で、地域支援事業を継続させるために必要な事。
専門職として、ここで生活する人間として、次の世代に時代を繋ぐ人間として必要な事。
確かならざる「明日」ならば、自ら確かな「明日」を創る行動をとる事。
私たちがこれから行動する思想は、恐らくここにある。


「確かな明日作戦」方針
1 余震・津波・原発等今後の災害防衛に向けた利用者の安全確保
2 同じく今後の災害防衛に向けたスタッフ安全確保と業務支援
3 同じ地域で生活する者たちの支援のあり方を再考し実践する
4 同じ地域で活動する志ある者たちの支援のあり方を検討し実践する


1:利用者安全確保は急務である。3.11震災及び4.7余震で災害は終わっていない。
  今後のリスクを最大限に想像予測し、身体的・個体維持のための対策を準備する
2:同じく、関係スタッフの安全確保と業務支援体制の強化を実行する
3:地域支援のあり方を、広域に捉える広角視点と、エリア内ニーズに即した
    細分化視点の2方向に置く事。
    対策はいつも2つの異なる視点の交差点にある。
4:支援をする者は同じく支援を受けなければならない。
    支えあう関係と情報のみならず意思疎通が可能な関係の構築が必要である。
   

フォーレスト各事業部は、「確かな明日作戦」に則って事業計画を立案する事になる。
「確かな明日」を求めるならば、「確かな今」を創らなければならない。
長期間を要する支援と地域復興を旨とするならば、「今できること」では足りない。
「今の不安を取り除き、これからもできること」を考察しなければならない。
私たちは今そういう時期にさしかかっている。

2011.04.22 Friday 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< | 2 / 7 PAGES | >>