エルフの日々

誰にも「約束」された場所があり・・そして誰もがそこを目指して一生懸命歩いてる
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ファイト!

JUGEMテーマ:介護

ファイト!

「息子が失業しちゃって・・孫まだ小さくて・・」
 飲み込まれた言葉が、その事情を伺わせる。
「派遣でやってきたんだけど・・こういう業界って今流行ってるって言うし・・」
 流行りでやってはいないけど、でもよく解るその言葉の意味。
「夫の収入が半分になって、わたしががんばらないといけなくて・・」
 今でも十分がんばっていそうなその手が、その想いを伝えてくれる。
 
 玄関に並んだ踵のつぶれたズックが、歩いて来た距離を感じさせる。
 ご時勢とは言いたくないけれど、誰のせいとは言いたくないけれど。
 ハローワークから訪ねて来てくれた人達の声。
 ファイト!


「来月、店閉めることにしたよ。」
 唐突に伝えられた言葉の意味は意識の外。これからを見据えるその目が救い。
「来月仲間が何人か事務所たたむって・・」
 何かできることないかと言いかけて、言葉が出ない。自分は無力です。
「いろんな情報集めてさ。みんなで繋がってさ。何でもやろうよ。」
 だから、あなたが信じられる。自分だけでなくみんなを想うその言葉。

 うつむく顔とため息。自分の事より人を想う人達。
 いい時なんかないけど・・毎日ため息つくけど・・それでも自分の脚で立っている。
 午後の事務所の一角で、何のためにと呟きながら過ごす耐久訓練。
 ファイト!


「リハビリ続けたら元に戻るかな・・あと半年で病欠切れちゃう。」
 元に戻らないって言えない。病欠とのタイムレース。
「親の介護で会社辞めたんです。仕方ないんです・・」
 夢や理想をおいてけぼりに、仕方ないに滲むその想い。
「今度、友の会創るよ。家族も一緒に参加できるようにしてね。」
 その強さは何処から来るの?人との繋がりを求めて自ら立ち上がるその強さが眩しい。

 閉塞と焦燥の時間。がんばれなんて聞きたくない。
 頼りない私達をさらに追い込む声は、それでも前を見つめている。
 机の上の計算合わせ。そんなの関係ないよね。
 ファイト!


「営業回っていると、楽しみにしてくれてる人たちいて・・」
 半年前には聞けなかった言葉。人に何かを伝えて共有する喜び見つけた。素敵。
「利用者さんの話聞いていたら・・泣けちゃって・・いけないけど泣けちゃって。」
 泣くほど共有できた想い。泣けることが素敵で羨ましい。
「あのね・・一番うれしかった言葉はね・・もう大丈夫って言って貰えたことかな。」
 何年もお付き合いして、たどり着いたその言葉。他に何もいらないよね。素敵。

 朝出る時ためらう。昼に出るため息。夕方感じる疲労感。深夜に怖さをかみ締めて。
 でもその先に素敵なこと待っていると信じたい。
 今、自分の脚で歩き始めたあなたが素敵。
 ファイト!


 春に生まれた鱒の卵跡は消えて、立派な斑点背負って海に旅立つ。
 冬何もなかった林、霧雨ごとに増す緑はもう萌黄色ではない。
 夫々が夫々に立ち上がって行く姿に励まされる。素敵なことが沢山ある。
 共感と独立。描ける前方を見つめて足掻くだけ足掻こうね。 
 ファイト!

2009.06.03 Wednesday 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 悩める心 | main | 連携ケーススタディ1【退院・退所時移行支援プログラム】 >>